2011年12月20日

カーネーション あらすじ 第12週

カーネーション あらすじ 第12週「その3」です。


安岡髪結い店はパーマ機を供出して店を閉め、
八重子(田丸麻紀)はオハラ洋装店で働きます。


ある日、奈津(栗山千明)が吉田屋購入の
話しを持ってきます。

いつものように強気の奈津は夫に逃げられ、
病身の母を抱え、その上、多額の借金があります。

糸子はなんとか奈津を助けようと尽力しますが、
奈津は夜逃げしてしまいます。

昭和19年、ひき手のいないだんじりは
中止になります。

糸子は家族や縫い子たちと一緒になって、
軍需品を作り頑張っています。

そして久しぶりに勘助(尾上寛之)が現れますが、
別れを言わないまま、また出征していきます。




戦時中の料亭は経営が成り立たないのは
容易に想像できます。

奈津も辛かったでしょうね。

なんだかんだ言っても、結局糸子の
ところへ行くのが面白い。

そして、糸子も奈津のために一生懸命になる。

やっぱり、友達なんですね。

★栗山千明さんに関連する商品を楽天市場で探す★
posted by カーネーション at 22:39| カーネーション あらすじ 第12週 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

カーネーション あらすじ 第12週

善作の葬儀を終えた小原家は闇商売をしている
という噂がたちます。

洋服作りのお礼が食料のため、配給所に行かない
ことが闇商売に繋がったようです。


腹の虫がおさまらない糸子。

しかし、応援団もいることが分かり、世間と
の付き合いの大切さを痛感します。

大日本婦人会の澤田(三島ゆり子)達がまたまた
やって来て、ミシンを供出するよう言います。

糸子は拒否しますが、ふとある男性の
ことを思い出します。

善作がかつて世話をした、軍需工場で
もうけている男性です。

軍需品を作ればミシンの供出をしなくても
いいことに気が付きます。

そして、慌ただしく軍需品縫製の
支度に取り掛かります。

糸子は善作に助けてもらったような
気持になります。




世間は味方にもなれば、敵にもなる。

不思議な存在です。

★玄覺悠子さんに関連する商品を楽天市場で探す★
posted by カーネーション at 22:12| カーネーション あらすじ 第12週 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーネーション あらすじ 第12週

楽しみにしていた温泉旅行に行った善作が
危篤。

何それ?どういうこと?


一瞬、真っ白になります。

信じたくない、信じられない。

そんなカーネーション 第12週のあらすじです。



糸子(尾野真千子)が危篤の電報を受け取って
三日後に善作(小林薫)が戻って来ます。

近所の仲良し木之元(甲本雅裕)たちが手に
している骨壷の中に入って。

昭和18年4月のことです。

千代(麻生祐未)は激しく泣きたて、ハル(正司照枝)
は衝撃が大きすぎて寝こみます。

糸子は善作のために立派な葬式をだすと決意し、
通夜でも気丈夫に行動します。

通夜ではだんじりや糸子を可愛がっていた善作の
思い出に話しが弾みます。



親しい人との別れはとても辛いものです。

長い期間、親しくしていれば、なおさらです。

そして、別れはいつか必ずやって来る。

今度は自分の番かもしれません。

★甲本雅裕さんに関連する商品を楽天市場で探す★
posted by カーネーション at 13:34| カーネーション あらすじ 第12週 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。